2016年10月11日火曜日

ZYBOのPLだけを使う場合のクロックソース

ZYNQのクロックですこし罠にはまったのでメモ。

ZYNQにはPLで使えるクロックソースが
1:ZynqPSから供給されるFCLK_CLK[3:0]
2:EthernetPHYから供給されるリファレンスクロック(125MHz)が L16ピンに接続されている
このうちFCLK_CLKは、PS部分が動作していないと起動しないらしい。
そのためPL(Logic部)単体で使う場合は、L16を使うことになる。

ARMコア(PS)の起動プログラムをちゃんと書けばFCLKも使えるんだろうけど、めんどくさいので暫くはL16を使ってロジック開発しようと思う。

なお、このことはZYBOマニュアルの
12 ClockSources
に記載されていました。



先週、ZYBOとかいうARMコアとFPGAがワンチップになった実験ボードを購入しました。
なお、FPGAとは呼ばずAPSoC(AllProgrammableSoC)と呼ぶらしい

最近のFPGAはコンフィグROMじゃなくSDカードを使うんですなー。賢い

あとVivadoおもろい

追記 Vivadoの推奨OSがWindows10Proだったのですが、今のところVivado、VivadoHLSともにWindows10Homeでも動作しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿